ミニ株を知る

ミニ株という言葉を良く聞きますが、売買単位の10分の1の株数から購入する事の出来るシステムの事をいいます。 良い点としては、少ない投資資金で株を購入する事が出来、何種類もの銘柄に分散して投資が出来るという事です。 メリットばかりではなく、自分で注文する時間が決められなかったり、価格が決められないなどのデメリットもあります。 デメリットとして上げられるのは、株主優待が受けられないと言うこともあります。 株への投資の楽しみでもある優待サービスが受けられないことで、ミニ株を行わない人もいるぐらいです。 取り扱っている証券会社も限られていて、銘柄もその会社によって扱っている物が違ってきます。 証券会社の口座を開設する際には、どの銘柄を扱っているかの確認を必ず行う事が大切です。 現在、ミニ株を扱っている主な証券会社としては、大和証券や野村証券、日興コーディアル証券やリテラクレア証券などになっています。 証券会社が限られていたり、株主優待が受けられないなどのデメリット部分もありますが、初心者でも入りやすくメリットも沢山ある投資方法です。

短期売買

ミニ株への投資も現物株と同じように、取引手数料がかかってきますので、良く考えて行う必要があります。 現物株に比べ、投資資金が少なくても株の取引が出来るのですが、売買にかかる手数料はあまり差がないのです。 投資資金が少ない分、利益も現物株に比べて少なくなっオーガニックているのにもかかわらず、取引手数料に差がないと言うことで、利益に占める手数料の割合が大きくなってしまいます。 ミニ株に限らず、株の取引を行うと言うことは、買いと売りとで2回の手数料がかかってきます。 投資した株の価格が翌日に大幅値上がりする可能性は低く、特別な出来事がなければ、あまり株価は変化がないのが一般的になっています。 利益に占める取引の手数料の割合を考えると、ミニ株での短期売買はとても難しい方法だと言えるでしょう。

おすすめサイトの紹介

保湿対策の情報サイト
テレビっ子ぶろぐ・・・友達のブログです